排水管の水漏れは場所によって交換が必要

水漏れで専用業者に問い合わせが来るケースは日本全国で起きています。水漏れの原因はいろいろとありますが、その中でも排水管が問題箇所というケースも少なからず見受けられます。排水管に損傷が見られる場合は交換が必要となります。

■パイプそのものが損傷している

排水管 水漏れは、つなぎ目のところで発生している場合が多いです。しかし時折、つなぎ目以外の途中のところで水がポタポタと漏れている事例も見られます。これはパイプそのものが損傷している可能性があります。こうなってしまうと、新しいパイプと交換する必要が出てきます。




■水漏れ発見時の応急処置

排水管から水漏れが起きている場合、目に見える場所であれば応急処置として補修テープやビニール等を巻きつけておくことで一時的に水漏れを止めることが可能です。トイレなど排水管を確認できない場所から水が漏れている場合は、汚れてもいい布などでこまめに水分をふき取り、汚水ができるだけ広がらないよう努めましょう。排水管からの水漏れは衛生面にも問題があるため、早急に修理や交換を依頼しなければなりません。



■まとめ
トイレ 水漏れなどのトラブルの中でも、排水管が原因というケースは多くあります。しかし、どこで水漏れが起きているかによって修理作業の内容もいろいろと変わってきます。もし排水管のどこかで水漏れが起きているようであれば、水道修理業者を呼ぶのがおすすめです。専門家に問題箇所を特定してもらって、速やかに適切な修理をお願いすることです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ