手洗い場の床が濡れているのは排水管の水漏れのせい

洗面台やトイレの手洗い場などの床が湿っていたり、濡れていたりする場合は排水管からの水漏れの可能性があります。排水管の周りが収納スペースになっているなど、普段目にする機会が少ない場合水漏れなどのトラブルに気付くことが遅れてしまうケースもみられます。

■排水管に異常がないかチェック

もし手洗い場の近くが濡れているのであれば、排水管をチェックしてみることです。排水ホースは床から伸びている塩ビ管につながっています。このつなぎ目のところが何らかの拍子で外れてしまい、そこで水漏れが発生しているケースがあります。
また、排水管の劣化によってパイプに穴が開いていたり、ひび割れが起きているとそこから水が出てきてしまいます。パイプは樹脂やステンレス製など種類があります。ステンレス製でも長年使っていると錆びなどで漏れを引き起こすこともあります。

■異物が詰まりやすい排水トラップ

排水管には悪臭や害虫の侵入を防ぐために排水トラップが設けられています。手洗い場などの排水管を確認してみるとアルファベットのP字やS字のようにパイプが曲げられており、そこに水が溜まる仕組みです。しかし一方で髪の毛などの汚れや誤って流してしまった異物などが蓄積しやすいという面もあり、詰まりを引き起こすこともあります。




■まとめ
ただ単に排水パイプが外れているだけであれば、自分で直すことができます。しかし排水管に穴が開いている場合などは素人が修理するのは難しいです。排水トラップ部分にトラブルが出た場合も分解する必要があります。自分で解決できない場合は速やかに水道 修理業者へ連絡して修理依頼をしなければいけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ