トイレの排水管から水漏れしている場合

トイレで水漏れが発生して、水道業者に作業を依頼する方は多くいます。修理する前にどこが発生箇所か特定しますが、この時排水管で漏れが起きているという事例も多数あります。排水管はいろいろな場所でつながっているため、どこで起きるかによって症状も変わってきます。

■パイプから水が垂れる

パイプからポタポタ水が垂れているような症状の場合、排水管の接続部分で何らかの劣化が起きている可能性が考えられます。接続部分にはバルブやゴムパッキンが用いられていますが、長年同じものを使っていると劣化が進みます。
その結果、隙間ができたり、結合部分が緩んだりしてしまいます。この場合はパーツを新しいものと交換したり、バルブを閉め直せば改善することがあります。



■床で水漏れが起きている

ある時トイレに入ったら床が濡れている、このような症状があれば水漏れを疑いましょう。床下にも排水管は伝っています。この排水管のどこかで水漏れが発生していると、床の方に水が染み出すことも考えられます。
ただしこの床が濡れている状態は、ただ単に結露が起きているだけだったというケースも少なからずあります。この場合は、換気を行うと床が乾きます。




■まとめ
排水管のどこかで水漏れが起きていると、時として床が水浸しになることも考えられます。この場合は止水栓を閉め、速やかに水道業者を呼ぶことです。専門業者であれば、蛇口 交換をはじめとして各種工事に対応しているため、安心して依頼できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ